ピアノ講師関連の情報を収集してます


by cg23uddq49

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 皇太子さまは22日、第21回全国「みどりの愛護」のつどい(23日)に出席するため兵庫県入りし、淡路市で開かれている「淡路花博2010花みどりフェア」を視察した。会場では、県立淡路三原高の郷土部員が淡路人形浄瑠璃を上演。鑑賞した皇太子さまは「素晴らしかったですね」などと部員に話しかけ、人形を実際に動かしてみたりした。

「手には血…体の中に何かが入った」 刺された瞬間を証言 秋葉原殺傷事件(産経新聞)
1歳の孫の首を絞めた疑い 殺人未遂の現行犯で48歳女を逮捕 東京(産経新聞)
機密費使途、前任者から説明受けず=政府答弁書で官房長官(時事通信)
「花園」名物・ラグビーキャベツ、今が旬(読売新聞)
郵便不正 村木被告「感謝」とコメント(産経新聞)
[PR]
by cg23uddq49 | 2010-05-29 01:20
 外科、抗がん剤、放射線といった治療法に次ぐ“第4のがん治療法”として期待されている「がんペプチドワクチン療法」について、厚生労働省の先進医療専門家会議が18日、健康保険法に基づく「高度医療」に認定した。がんペプチドワクチン療法について、国が一定の有効性を評価したもので、国民病であるがんの新たな治療法確立へ期待が高まりそうだ。

 久留米大(福岡県久留米市)などが開発、申請していた。

 「高度医療」は、保険適用されるほどの有効性が確認されたわけではないが、一定の効果が期待できる先進的な医療技術(自由診療)に、保険診療との併用を認める制度。通常は「保険診療」と「自由診療」を併用した場合、すべてが自己負担となってしまう。

 この治療法は、がん細胞を攻撃する免疫細胞が、がん細胞の表面にあるペプチド(タンパクの断片)を攻撃する性質を利用。ペプチドそのものには害がないため、ペプチドをワクチンとして体内に大量に注射することで、免疫細胞を増殖・活性化させ、がん細胞への攻撃を促進させる。

 現在の技術ではがん細胞を減らすことは難しいが、がん細胞の増殖は抑えられるとされている。副作用も少なく、抗がん剤が使えなくなった末期がん患者などに対する、延命治療などへの応用が期待されている。

 今回、高度医療に認定された対象は、ホルモン療法が使えない再発した前立腺がん患者。久留米大が約50人を対象に比較試験を行った結果、生存期間の平均が12カ月から24カ月へと2倍に延びた。同大によると、この技術はほかのがんにも応用が可能で、脳腫瘍(しゆよう)や肺がん、肝がん、膀胱(ぼうこう)がんについても臨床試験を行っているという。

首相を擁護「一朝一夕にいかぬ」=5月断念で閣僚発言−普天間(時事通信)
首相動静(5月18日)(時事通信)
中国・温首相30日来日=外務省発表(時事通信)
小掛照二さん 東京で葬儀 陸上関係者ら約400人参列(毎日新聞)
<民主党>沖縄の参院選統一候補断念…「普天間県内」が影響(毎日新聞)
[PR]
by cg23uddq49 | 2010-05-20 17:03
 福井県は11日、関西電力から、高浜原発2号機(同県高浜町)で同日、発電機内の熱を冷やすための2次冷却水が漏れたとの連絡を受けたと発表した。同社は出力を約98%に下げ、漏えい個所の点検修理を行う。県は、このトラブルによる放射能漏れはないとしている。
 県によると、冷却水漏れが起きたのは、発電機内部の熱を冷やす4台の装置のうち1台に冷却水を送り込む配管の溶接部分。同日午前10時半ごろ、巡回中の運転員が水漏れを確認した。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開〜信頼は取り戻せるのか〜
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」
〔用語解説〕「もんじゅ」

「肩代わり法案」参院厚労委で可決−12日の本会議で成立へ(医療介護CBニュース)
鳩山首相と小沢幹事長に「辞任要求」 「1年生」横粂議員たった一人の反乱(J-CASTニュース)
覆面パトカーが事故=小学男児、腕を骨折−兵庫県警(時事通信)
ユズやスダチを試験栽培=気候変動、温暖化に対抗−「生産作物広げる狙い」・山形(時事通信)
<カキツバタ>雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社(毎日新聞)
[PR]
by cg23uddq49 | 2010-05-13 04:57